post Image
Swiftの静的コード解析ツールTailorの使い方

概要

この記事ではSwiftの静的コード解析を行えるTailorの使い方を紹介しています。
いわゆるチェックスタイルをしてくれるツールです。
実行環境がJavaのためMac/Linux/Windowsのクロスプラットフォームで使えるのが特徴です。

前準備

Tailorを使う場合、JDK8以上が必要になります。
Java7以前を使っている場合は新しいバージョンをインストールする必要があります。
http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html

インストール

Tailorの特徴としてクロスプラットフォームに対応しています。
どのプラットフォームでもコマンド一発で入るようになっているみたいです。
https://github.com/sleekbyte/tailor#getting-started

MacでHomebrewを使っている場合は

$ brew install tailor

使い方

インストールが完了している場合は、tailorコマンドが使えるようになっているはずです。

基本

単一ファイルに実行する場合

tailor {対象のSwiftファイル}

ディレクトリ配下のすべてのファイルに実行する場合

tailor .

実行オプション

Tailorには実行時に使えるいくつかのオプションも用意されています。
よく使いそうなものを抜粋して紹介します。

–show-rules

適応できる静的コード解析のルールを表示します。

tailor --show-rules

-c {path/to/.tailor.yml}

Tailorでは実行時のルールやチェックツールをyaml形式で記述できます。
それをコマンドで指定するためのオプションになります。
以下のような記述でルールを指摘できます。

.tailor.yml
include:                # チェック対象とするファイル/ディレクトリ
    - Source            # Source配下おすべてのファイルを対象とする
exclude:                # チェック対象から除外するファイル
    - '**Tests.swift'
    - Source/Pods       
except:                 # チェックから除外する項目
    - lower-camel-case     
    - trailing-whitespace  

※ eceptに記述できる条件と説明はさきほどのshow-rulesオプションで確認できます。

-f

出力結果のフォーマットを指定できます。
jsonやhtmlなどが用意されています。

–xcode={path/to/project.xcodeproj}

XCodeのビルドスクリプトにTailorを追加します。

さいごに

使い方もシンプルで簡単に導入できるツールでした。
クロスプラットフォームで実行できるため、CIツールとも相性が良さそうですね。

参考


『 Swift 』Article List