post Image
GoogleAppEngine/Goのインストールから使いやすくするとこまでをさくっと 後編

インストールまでは前編参照。

後編もHelloWorldのソースを改良していく。

staticファイルの参照

このままだと、staticファイルを参照できないのでapp.yamlをいじる。

まずpublicフォルダを作成。(ここにstaticファイルを置くようにする)
スクリーンショット 2016-03-06 09.54.22.png

app.yaml
runtime: go
api_version: go1

handlers:
# -----------------------------ここから
# /終わりをindex.htmlへ変換(ルート)
- url: /$
  static_files: public/index.html
  upload: public/index.html

# /終わりをindex.htmlへ変換(内部)
- url: /(.*)/$
  static_files: public/\1/index.html
  upload: public/.*/index.html

# コンポーネントstaticファイル(.を含むとstaticと見做す)
- url: /bower_components/(.*)
  static_files: bower_components/\1
  upload: bower_components/.*

# staticファイル(.を含むとstaticと見做す)
- url: /([^\.]+\..*)
  static_files: public/\1
  upload: public/[^\.]+\..*
# -----------------------------ここまで追加
- url: /.*
  script: _go_app

簡単に解説すると、-urlから始まる3行1セットでルーティングをしていて、
1行目のパターンが来たら、3行目のパターンに変換していて、2行目がファイルの種類を表している、らしい。
(正規表現で書かれているので、詳しくない方は上記そのままコピペしてください)
これを入れると、/終わりのURLがindex.htmlに変換されて、拡張子を含むURLがstaticファイルとみなされる。
上から順にURLを処理するため、staticファイルではない→Goで処理と判断される。
【追記】
上記に加えて、bowerで取得したコンポーネントはbower_componentsを見るように変更(npmなどはbowerの部分を自分で書き換えてください)。

publicの中にindex.htmlを作成(今回はここのテンプレートを参照)

public/index.html
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge">
<title></title>
<meta charset="utf-8">
<meta name="description" content="">
<meta name="author" content="">
<meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1">
<link rel="stylesheet" href="">
<!--&#91;if lt IE 9&#93;>
<script src="//cdn.jsdelivr.net/html5shiv/3.7.2/html5shiv.min.js"></script>
<script src="//cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/respond.js/1.4.2/respond.min.js"></script>
<!&#91;endif&#93;-->
<link rel="shortcut icon" href="">
</head>
<body>
<!-- Place your content here -->
Go の Staticファイルのテスト。
<!-- SCRIPTS -->
<!-- Example: <script src="//ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.11.1/jquery.min.js"></script> -->
</body>
</html>

HelloWorldから書き換わったのを確認。
スクリーンショット 2016-03-06 10.10.43.png

Datastoreを使う(AppEngineのモジュールをインポート)

デフォルトだと何故かDatastoreなどのAppEngine関連のモジュールを使えないのでgo getを使ってインストール。
(MacやLinuxの場合は.batは不要)

bash
goapp.bat get google.golang.org/appengine

普通のgolangとGAE/Goのgolangは完全に独立して動くようにgoappになっているらしい。
(getした場合のインストール場所も違う)
何も指定しないとインストール場所は「go_appengine\gopath\src」になる。
(前編通りにやるとC:\go_appengine\gopath\src)
自分でコモン系のモジュールを作成した場合もここに置けば認識される。

hello.go
package hello

import (
    "fmt"
    "net/http"
    "time"//ここ追加
    "google.golang.org/appengine"//ここ追加
    "google.golang.org/appengine/datastore"//ここ追加
)

func init() {
    http.HandleFunc("/", handler)
    http.HandleFunc("/put", putHandler)//ここ追加
}

func handler(w http.ResponseWriter, r *http.Request) {
    fmt.Fprint(w, "Hello, world!")
}

//------------------------------------------------ここから
type Employee struct {
    Name string
    Role string
    HireDate time.Time
}

func putHandler(w http.ResponseWriter, r *http.Request) {
    ctx := appengine.NewContext(r)

    e1 := Employee{
        Name:     "Joe Citizen",
        Role:     "Manager",
        HireDate: time.Now(),
    }

    key, err := datastore.Put(ctx, datastore.NewIncompleteKey(ctx, "employee", nil), &e1)
    if err != nil {
        http.Error(w, err.Error(), http.StatusInternalServerError)
        return
    }

    var e2 Employee
    if err = datastore.Get(ctx, key, &e2); err != nil {
        http.Error(w, err.Error(), http.StatusInternalServerError)
        return
    }

    fmt.Fprintf(w, "Stored and retrieved the Employee named %q", e2.Name)
}
//------------------------------------------------ここまで追加

スクリーンショット 2016-03-06 10.33.35.png
これでDatastoreが使用できる状態になった。

テンプレートを使う

サーバで作成したデータを出せないので、サーバ側のテンプレートを使えるようにする。

hello.go
package hello

import (
    "fmt"
    "net/http"
    "time"
    "html/template"//ここ追加
    "google.golang.org/appengine"
    "google.golang.org/appengine/datastore"
)

func init() {
    http.HandleFunc("/", handler)
    http.HandleFunc("/put", putHandler)
    http.HandleFunc("/tmpl", tmplHandler)//ここ追加
}

func handler(w http.ResponseWriter, r *http.Request) {
    fmt.Fprint(w, "Hello, world!")
}

//------------------------------------------------ここから
type TmplTest struct {
    Txt string
}
func tmplHandler(w http.ResponseWriter, r *http.Request) {
    tpl := template.Must(template.ParseFiles("tmpl/test.html"))

    data := TmplTest{
        Txt:  "Tmpl テスト",
    }

    tpl.Execute(w, data)
}
//------------------------------------------------ここまで追加

type Employee struct {
    Name string
    Role string
    HireDate time.Time
}

func putHandler(w http.ResponseWriter, r *http.Request) {
    ctx := appengine.NewContext(r)

    e1 := Employee{
        Name:     "Joe Citizen",
        Role:     "Manager",
        HireDate: time.Now(),
    }

    key, err := datastore.Put(ctx, datastore.NewIncompleteKey(ctx, "employee", nil), &e1)
    if err != nil {
        http.Error(w, err.Error(), http.StatusInternalServerError)
        return
    }

    var e2 Employee
    if err = datastore.Get(ctx, key, &e2); err != nil {
        http.Error(w, err.Error(), http.StatusInternalServerError)
        return
    }

    fmt.Fprintf(w, "Stored and retrieved the Employee named %q", e2.Name)
}

テンプレート

tmpl/test.html
<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge">
<title></title>
<meta charset="utf-8">
<meta name="description" content="">
<meta name="author" content="">
<meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1">
<link rel="stylesheet" href="">
<!--&#91;if lt IE 9&#93;>
<script src="//cdn.jsdelivr.net/html5shiv/3.7.2/html5shiv.min.js"></script>
<script src="//cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/respond.js/1.4.2/respond.min.js"></script>
<!&#91;endif&#93;-->
<link rel="shortcut icon" href="">
</head>
<body>
<!-- Place your content here -->
{{printf "%s" .Txt |html}}
<!-- SCRIPTS -->
<!-- Example: <script src="//ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.11.1/jquery.min.js"></script> -->
</body>
</html>

スクリーンショット 2016-03-06 11.13.30.png
これでテンプレートを使って値を出力できた。

Goonを入れる

Goonを入れたほうが便利なのでGoonを使う。
この記事が分かりやすかったのでリンクさせてもらいました。
入れ方のみ。

bash
goapp.bat get github.com/mjibson/goon

終わりに

とりあえず、ここまでやれば、GAE/JにSlim3を入れたぐらいのことはできるようになると思います。

クライアント側のテンプレートやフレームワークが充実してきているので、
個人的にはサーバ側のテンプレートエンジンまではいらないかなとも思っています。

Javaの方は使っているのですが、私も、GAE/Goを入れたばかりなので、突っ込みどころは満載だと思います。
間違っていればコメントで指摘ください。


『 Go 』Article List
Category List

Eye Catch Image
Read More

Androidに関する現役のエンジニアのノウハウ・トレンドのトピックなど技術的な情報を提供しています。コード・プログラムの丁寧な解説をはじめ、初心者にもわかりやすいように写真や動画を多く使用しています。

Eye Catch Image
Read More

AWSに関する現役のエンジニアのノウハウ・トレンドのトピックなど技術的な情報を提供しています。コード・プログラムの丁寧な解説をはじめ、初心者にもわかりやすいように写真や動画を多く使用しています。

Eye Catch Image
Read More

Bitcoinに関する現役のエンジニアのノウハウ・トレンドのトピックなど技術的な情報を提供しています。コード・プログラムの丁寧な解説をはじめ、初心者にもわかりやすいように写真や動画を多く使用しています。

Eye Catch Image
Read More

CentOSに関する現役のエンジニアのノウハウ・トレンドのトピックなど技術的な情報を提供しています。コード・プログラムの丁寧な解説をはじめ、初心者にもわかりやすいように写真や動画を多く使用しています。

Eye Catch Image
Read More

dockerに関する現役のエンジニアのノウハウ・トレンドのトピックなど技術的な情報を提供しています。コード・プログラムの丁寧な解説をはじめ、初心者にもわかりやすいように写真や動画を多く使用しています。

Eye Catch Image
Read More

GitHubに関する現役のエンジニアのノウハウ・トレンドのトピックなど技術的な情報を提供しています。コード・プログラムの丁寧な解説をはじめ、初心者にもわかりやすいように写真や動画を多く使用しています。

Eye Catch Image
Read More

Goに関する現役のエンジニアのノウハウ・トレンドのトピックなど技術的な情報を提供しています。コード・プログラムの丁寧な解説をはじめ、初心者にもわかりやすいように写真や動画を多く使用しています。

Eye Catch Image
Read More

Javaに関する現役のエンジニアのノウハウ・トレンドのトピックなど技術的な情報を提供しています。コード・プログラムの丁寧な解説をはじめ、初心者にもわかりやすいように写真や動画を多く使用しています。

Eye Catch Image
Read More

JavaScriptに関する現役のエンジニアのノウハウ・トレンドのトピックなど技術的な情報を提供しています。コード・プログラムの丁寧な解説をはじめ、初心者にもわかりやすいように写真や動画を多く使用しています。

Eye Catch Image
Read More

Laravelに関する現役のエンジニアのノウハウ・トレンドのトピックなど技術的な情報を提供しています。コード・プログラムの丁寧な解説をはじめ、初心者にもわかりやすいように写真や動画を多く使用しています。

Eye Catch Image
Read More

Pythonに関する現役のエンジニアのノウハウ・トレンドのトピックなど技術的な情報を提供しています。コード・プログラムの丁寧な解説をはじめ、初心者にもわかりやすいように写真や動画を多く使用しています。

Eye Catch Image
Read More

Rubyに関する現役のエンジニアのノウハウ・トレンドのトピックなど技術的な情報を提供しています。コード・プログラムの丁寧な解説をはじめ、初心者にもわかりやすいように写真や動画を多く使用しています。

Eye Catch Image
Read More

Scalaに関する現役のエンジニアのノウハウ・トレンドのトピックなど技術的な情報を提供しています。コード・プログラムの丁寧な解説をはじめ、初心者にもわかりやすいように写真や動画を多く使用しています。

Eye Catch Image
Read More

Swiftに関する現役のエンジニアのノウハウ・トレンドのトピックなど技術的な情報を提供しています。コード・プログラムの丁寧な解説をはじめ、初心者にもわかりやすいように写真や動画を多く使用しています。

Eye Catch Image
Read More

Unityに関する現役のエンジニアのノウハウ・トレンドのトピックなど技術的な情報を提供しています。コード・プログラムの丁寧な解説をはじめ、初心者にもわかりやすいように写真や動画を多く使用しています。

Eye Catch Image
Read More

Vue.jsに関する現役のエンジニアのノウハウ・トレンドのトピックなど技術的な情報を提供しています。コード・プログラムの丁寧な解説をはじめ、初心者にもわかりやすいように写真や動画を多く使用しています。

Eye Catch Image
Read More

Wordpressに関する現役のエンジニアのノウハウ・トレンドのトピックなど技術的な情報を提供しています。コード・プログラムの丁寧な解説をはじめ、初心者にもわかりやすいように写真や動画を多く使用しています。

Eye Catch Image
Read More

機械学習に関する現役のエンジニアのノウハウ・トレンドのトピックなど技術的な情報を提供しています。コード・プログラムの丁寧な解説をはじめ、初心者にもわかりやすいように写真や動画を多く使用しています。