post Image
【Swift】Realm BrowserでRealm Mobile Databaseの中身を確認する

Realm

公式ページはこちら

CoreDataに代わるデータベースとして注目されているフレームワークで、モバイルデータベースとして利用できます。

Realm Browser

image

ふつう、データベースの中身を見たり内容をいじったりするには、コマンドを叩いたりSQL文というデータベースで使われる文を打たなければなりません。それはちょっと面倒くさい!!

そこで、Realm BrowserをつかってRealm Mobile Databaseの中身を確認してみます。

ダウンロードはApp Storeから

どこにデータベースファイルがあるんだ?

インストールして最初に起動すると、以下のような画面が表示されます。
image

ただ、「Open Realm File」を押しても、どこにRealm Fileがあるのかわからないとデータベースを参照できません。
そこで、XcodeからRealm Fileの場所を確認してみましょう。

Xcodeのコンソールに出力してみよう

Realmを使う場合は、次の文でRealmを初期化します。

let realm = try! Realm()

そのすぐ下の行に、

print(Realm.Configuration.defaultConfiguration.fileURL!)

を追加してコンソールにRealmデータベースファイルまでのパスを表示させてみましょう。
すると、以下の文がコンソールに出力されます。

console.png

これでdefault.realmの場所がわかりました。

Realm Browserで開こう

これを今度はターミナルに入力してみます。

このとき、最初の

file://

は除き、/Users以降をコピペして、最初にopenコマンドを入れます。

Terminal
open /Users/ryo/Library/Developer/CoreSimulator/Devices/■■■■■■■■■■■■■■■■■■■/data/Containers/Data/Application/■■■■■■■■■■■■■■■■■■■/Documents/default.realm

すると、以下の画面が表示されますので、「Allow」で開きます。
名称未設定-1.png

無事Realm BrowserでRealm Mobile Databaseを開くことができました。
image


『 Swift 』Article List