post Image
VS Codeでswiftを書く

xcodeゴミあまりにも使いにくいのでVSCodeで開発する環境を整えてみた。

サーベイ

VSCodeのswift関係プラグイン検索するとトップにSwift Languageが出てくるが、これは構文的な補完くらいはしてくれるが型情報などの大事な機能を提供していない。
2番手にはSwiftというパッケージが出てくるが、これは別途Language Serverを導入して使うらしい。面倒だが強そうなので、これを導入することにした。

導入

導入がわかりにくかったので手順を書いておく。
ランゲージサーバはこれ
導入は以下のようにする。

git clone https://github.com/RLovelett/langserver-swift.git
cd langserver-swift
make install

これで/usr/local/bin/langserver-swiftという実行ファイルが配置される。

VSCodeのプラグインはデフォルトで/usr/local/bin/LanguageServerを見に行くようで、設定を変える必要がある。
VSCodeのユーザ設定に、

"swift.languageServerPath": "/usr/local/bin/langserver-swift"

を追記する。

動作確認

Screenshot from Gyazo

いい感じ!


『 Swift 』Article List