post Image
ARKitの可能性を知るためにオススメの教材2選

ARKitでどんなアプリを作ったらいいのか?」という話になると、そもそもどこまでできるのか?という話になってアイデアが出にくいものです。

そのイメージを掴むために私がオススメするのは、

の2つです。

それぞれからピックアップして、ARアプリを作りたいあなたにインスピレーションを与えたいと思います。

GRAFFITYブログにもより詳細を書いたので興味のある方はご参照下さい。

物理的インタラクション

physics.gif
ARKit 2.0 Build Augmented Reality apps on iOS with Scenekit

そもそもSceneKitでこのような物理的インタラクションができます。これを実際の空間で行うとこのように、公園でファイヤボールを投げてブロックを倒したりするゲームが作れます。

空間に線を書く

image
https://github.com/shu223/ARKit-Sampler

弊社GRAFFITYでも実装されている線を書く機能。毎フレームごとに線のnodeのgeometryを更新ことで、長い線を空間に引くことができます。

オクリュージョン(3D物体が平面に隠れる)

oclusion.gif
ARKit 2.0 Build Augmented Reality apps on iOS with Scenekit

ARは実際に空間に物を置いているわけではなく、3Dに見えるように描画しているだけなので、そのままだと図にあるような机も通り抜けて見えてしまいます。しかし、平面認識と組み合わせることでARKitでもオクリュージョンと呼ばれる現実の物の後ろに3D物体が隠れるという表現が可能です。

ドローンが近づいたら音声が聞こえる

sound.gif
ARKit 2.0 Build Augmented Reality apps on iOS with Scenekit

このdroneはxcode上でSceneKitのGUIで作ることができます。このデモではそれで作ったdroneをある点を中心に回るようにアニメーションさせてさらに、音声ファイルを使ってdroneから音が鳴っているように表現しています。

画像の認識

image.gif
ARKit 2.0 Build Augmented Reality apps on iOS with Scenekit

ARKit1.5からできますが、2.0でかなり精度が上がっています。図のように動かしても画像に地球がくっついてきます。

平面認識

image
https://github.com/shu223/ARKit-Sampler]

ARKit1.0平面認識ができますが、ARKit1.5では壁も認識できるし、gifのように短形だけでなくて円のような形も判別することができます。テーブルの上に水を張り巡らせるといったような演出ができるのです。

カスタム3D物体

custom.gif
ARKit 2.0 Build Augmented Reality apps on iOS with Scenekit

このような物体を、線と線を繋いだpathで二次元で作った後に三次元の物体にすることができます。これもswiftのコードだけで作れます。

まとめ

以上、ARKitの可能性を感じることができたでしょうか?

堤さんのARKit-Samplerは自由に参照できますし、ARKit 2.0 Build Augmented Reality apps on iOS with Scenekitは有料ですが動画をみながらわかりやすくARKitを習得できるのでオススメです。

また、GRAFFITYブログにもより詳細を書いたので興味のある方はご参照下さい。

(本文に掲載したgithubの動画は公開されているものであり、Udemyの動画は作者から掲載の許可をもらっています。またNDA違反しないようにARKit2.0特有のスクショは載せていません)


『 Swift 』Article List