post Image
Facebook Bot API + Go でオウム作ってみた

今度はFacebook Bot試してみる

https://developers.facebook.com/docs/messenger-platform/quickstart

ここに作り方書いてあるので、書いてある手順で設定する。

  1. Verify Tokenは自分が決めて設定、herokuのenvに反映
  2. Access Tokenはfacebook pageごとに違うので、コピーしてheorkuのenvに反映

Goコードは以下ようにすれば、オウムbotはできる。

package main

import (
    "bytes"
    "encoding/json"
    "fmt"
    "io/ioutil"
    "log"
    "net/http"
    "net/url"
    "os"
    "time"
)

var accessToken = os.Getenv("ACCESS_TOKEN")
var verifyToken = os.Getenv("VERIFY_TOKEN")

// const ...
const (
    EndPoint = "https://graph.facebook.com/v2.6/me/messages"
)

// ReceivedMessage ...
type ReceivedMessage struct {
    Object string  `json:"object"`
    Entry  []Entry `json:"entry"`
}

// Entry ...
type Entry struct {
    ID        int64       `json:"id"`
    Time      int64       `json:"time"`
    Messaging []Messaging `json:"messaging"`
}

// Messaging ...
type Messaging struct {
    Sender    Sender    `json:"sender"`
    Recipient Recipient `json:"recipient"`
    Timestamp int64     `json:"timestamp"`
    Message   Message   `json:"message"`
}

// Sender ...
type Sender struct {
    ID int64 `json:"id"`
}

// Recipient ...
type Recipient struct {
    ID int64 `json:"id"`
}

// Message ...
type Message struct {
    MID  string `json:"mid"`
    Seq  int64  `json:"seq"`
    Text string `json:"text"`
}

// SendMessage ...
type SendMessage struct {
    Recipient Recipient `json:"recipient"`
    Message   struct {
        Text string `json:"text"`
    } `json:"message"`
}

func main() {
    http.HandleFunc("/", helloHandler)
    http.HandleFunc("/webhook", webhookHandler)
    port := os.Getenv("PORT")
    addr := fmt.Sprintf(":%s", port)
    http.ListenAndServe(addr, nil)
}

func helloHandler(w http.ResponseWriter, r *http.Request) {
    fmt.Fprintf(w, "Hello, Facebook Bot")
}

func webhookHandler(w http.ResponseWriter, r *http.Request) {
    if r.Method == "GET" {
        if r.URL.Query().Get("hub.verify_token") == verifyToken {
            fmt.Fprintf(w, r.URL.Query().Get("hub.challenge"))
        } else {
            fmt.Fprintf(w, "Error, wrong validation token")
        }
    }
    if r.Method == "POST" {
        var receivedMessage ReceivedMessage
        b, err := ioutil.ReadAll(r.Body)
        if err != nil {
            log.Print(err)
        }
        if err = json.Unmarshal(b, &receivedMessage); err != nil {
            log.Print(err)
        }
        messagingEvents := receivedMessage.Entry[0].Messaging
        for _, event := range messagingEvents {
            senderID := event.Sender.ID
            if &event.Message != nil && event.Message.Text != "" {
                sentTextMessage(senderID, event.Message.Text)
            }
        }
        fmt.Fprintf(w, "Success")
    }
}

func sentTextMessage(senderID int64, text string) {
    recipient := new(Recipient)
    recipient.ID = senderID
    m := new(SendMessage)
    m.Recipient = *recipient
    m.Message.Text = text
    b, err := json.Marshal(m)
    if err != nil {
        log.Print(err)
    }
    req, err := http.NewRequest("POST", EndPoint, bytes.NewBuffer(b))
    if err != nil {
        log.Print(err)
    }
    values := url.Values{}
    values.Add("access_token", accessToken)
    req.URL.RawQuery = values.Encode()
    req.Header.Add("Content-Type", "application/json; charset=UTF-8")
    client := &http.Client{Timeout: time.Duration(30 * time.Second)}
    res, err := client.Do(req)
    if err != nil {
        log.Print(err)
    }
    defer res.Body.Close()
    var result map[string]interface{}
    body, err := ioutil.ReadAll(res.Body)
    if err != nil {
        log.Print(err)
    }
    if err := json.Unmarshal(body, &result); err != nil {
        log.Print(err)
    }
    log.Print(result)
}

基本的な流れは以下のようになります。
1. Facebook APP作成
2. verify tokenと決めてWebhooksになるものを用意する。herokuデプロイ
3. Facebook上でwebhook(callback url)を設定
4. Facebook上で対象facebook pageを選択してaccess tokenを取得
5. Subscribe the App to the Page
curl -ik -X POST "https://graph.facebook.com/v2.6/me/subscribed_apps?access_token=<token>"
6. access tokenをコードに反映(herokuのenv)してもう一回デプロイ
7. 対象facebook page行って「Message」してみる

Screen Shot 2016-04-13 at 6.15.59 PM.png

作ったbotをfacebookに申請して承認されて一般公開されないと開発者との会話しかwebhookに反応しない。友達に見せたいのであれば、facebookアカウントをTestersに追加しても反応する。

facebook pageの管理者であれば、botアカウントでユーザーに返信することもできる。


『 Go 』Article List
Category List

Eye Catch Image
Read More

Androidに関する現役のエンジニアのノウハウ・トレンドのトピックなど技術的な情報を提供しています。コード・プログラムの丁寧な解説をはじめ、初心者にもわかりやすいように写真や動画を多く使用しています。

Eye Catch Image
Read More

AWSに関する現役のエンジニアのノウハウ・トレンドのトピックなど技術的な情報を提供しています。コード・プログラムの丁寧な解説をはじめ、初心者にもわかりやすいように写真や動画を多く使用しています。

Eye Catch Image
Read More

Bitcoinに関する現役のエンジニアのノウハウ・トレンドのトピックなど技術的な情報を提供しています。コード・プログラムの丁寧な解説をはじめ、初心者にもわかりやすいように写真や動画を多く使用しています。

Eye Catch Image
Read More

CentOSに関する現役のエンジニアのノウハウ・トレンドのトピックなど技術的な情報を提供しています。コード・プログラムの丁寧な解説をはじめ、初心者にもわかりやすいように写真や動画を多く使用しています。

Eye Catch Image
Read More

dockerに関する現役のエンジニアのノウハウ・トレンドのトピックなど技術的な情報を提供しています。コード・プログラムの丁寧な解説をはじめ、初心者にもわかりやすいように写真や動画を多く使用しています。

Eye Catch Image
Read More

GitHubに関する現役のエンジニアのノウハウ・トレンドのトピックなど技術的な情報を提供しています。コード・プログラムの丁寧な解説をはじめ、初心者にもわかりやすいように写真や動画を多く使用しています。

Eye Catch Image
Read More

Goに関する現役のエンジニアのノウハウ・トレンドのトピックなど技術的な情報を提供しています。コード・プログラムの丁寧な解説をはじめ、初心者にもわかりやすいように写真や動画を多く使用しています。

Eye Catch Image
Read More

Javaに関する現役のエンジニアのノウハウ・トレンドのトピックなど技術的な情報を提供しています。コード・プログラムの丁寧な解説をはじめ、初心者にもわかりやすいように写真や動画を多く使用しています。

Eye Catch Image
Read More

JavaScriptに関する現役のエンジニアのノウハウ・トレンドのトピックなど技術的な情報を提供しています。コード・プログラムの丁寧な解説をはじめ、初心者にもわかりやすいように写真や動画を多く使用しています。

Eye Catch Image
Read More

Laravelに関する現役のエンジニアのノウハウ・トレンドのトピックなど技術的な情報を提供しています。コード・プログラムの丁寧な解説をはじめ、初心者にもわかりやすいように写真や動画を多く使用しています。

Eye Catch Image
Read More

Pythonに関する現役のエンジニアのノウハウ・トレンドのトピックなど技術的な情報を提供しています。コード・プログラムの丁寧な解説をはじめ、初心者にもわかりやすいように写真や動画を多く使用しています。

Eye Catch Image
Read More

Rubyに関する現役のエンジニアのノウハウ・トレンドのトピックなど技術的な情報を提供しています。コード・プログラムの丁寧な解説をはじめ、初心者にもわかりやすいように写真や動画を多く使用しています。

Eye Catch Image
Read More

Scalaに関する現役のエンジニアのノウハウ・トレンドのトピックなど技術的な情報を提供しています。コード・プログラムの丁寧な解説をはじめ、初心者にもわかりやすいように写真や動画を多く使用しています。

Eye Catch Image
Read More

Swiftに関する現役のエンジニアのノウハウ・トレンドのトピックなど技術的な情報を提供しています。コード・プログラムの丁寧な解説をはじめ、初心者にもわかりやすいように写真や動画を多く使用しています。

Eye Catch Image
Read More

Unityに関する現役のエンジニアのノウハウ・トレンドのトピックなど技術的な情報を提供しています。コード・プログラムの丁寧な解説をはじめ、初心者にもわかりやすいように写真や動画を多く使用しています。

Eye Catch Image
Read More

Vue.jsに関する現役のエンジニアのノウハウ・トレンドのトピックなど技術的な情報を提供しています。コード・プログラムの丁寧な解説をはじめ、初心者にもわかりやすいように写真や動画を多く使用しています。

Eye Catch Image
Read More

Wordpressに関する現役のエンジニアのノウハウ・トレンドのトピックなど技術的な情報を提供しています。コード・プログラムの丁寧な解説をはじめ、初心者にもわかりやすいように写真や動画を多く使用しています。

Eye Catch Image
Read More

機械学習に関する現役のエンジニアのノウハウ・トレンドのトピックなど技術的な情報を提供しています。コード・プログラムの丁寧な解説をはじめ、初心者にもわかりやすいように写真や動画を多く使用しています。