post Image
Python開発環境構築 ー PyCharm × Anaconda

Lambdaを開発する際に、Edit code inlineで手軽にコーディングできますが、本格的な開発において外部ライブラリ参照が必須なので、やはりちゃんとした開発環境を構築しないとです。
re:Invent 2017で発表されたCloud9は強力ですが、Tokyoリージョン未対応なのでとても残念です。待ち遠しいな

Pythonのインストールはいくつかのやり方がありますが、今回はAnacondaを使ってインストールしてみました。

環境

  • Windows Server 2012 (EC2利用)
  • Anaconda (Python実行環境)
  • PyCharm (IDE)

Anacondaとは

Python本体に加え、科学技術、数学、エンジニアリング、データ分析など(numpy,scipy,pandas,ipython,jupyter,scikit-learn etc…) 、よく利用されるPythonパッケージを一括でインストール可能にしたパッケージです。個人的な理解ですと、JavaでいうJRE、C#でいう.NETのようなものです。
image1.png
今回はPython3.6をダウンロードしインストールします。

Anacondaのインストール

ダウンロードしたらヴィザードに従い次へと行けば簡単にできます。
インストールできたら、コマンドラインで確認できます。
image2.png
もちろんGUIもあります。Anaconda Navigator(NuGetのようなもの)もあり、ライブラリを簡単に追加、管理できます。
後ほど紹介します。

PyCharmとは

Eclipse、VisualStadioのようなIDEです。
いろんなブログや記事で紹介されていますので、使ってみようと思います。
無償版のCommunityがありますので、こちらをダウンロードします。

PyCharmのインストール

インストールが簡単で、ヴィザードに従い次へと行けばよいです。
image3.png
インストールとPyCharmの初回起動で、Welcome画面が表示されます。
image4.png
ここでCreate New Projectを選択し、プロジェクトフォルダと実行環境を設定できます。
image5.png
Inherit global site-packagesにチェックを入れないと、外部ライブラリが参照できなくなりますので、必須です。
Createをクリックして、プロジェクトを作成できます。
もし、最初にPython環境をインストールしない場合、
image6.png
Interpreter field is emptyエラーが表示されます。

Pythonパッケージの追加

開発でrequestsやfutureライブラリを利用しますので、追加します。
コマンドラインですでに存在するか簡単に確認ができます。
image7.png
のように、requestsは存在しますが、futureは存在しません。
追加するには、Anaconda Navigatorを起動して、
image8.png
Enviromentsタブで、Not Installedでフィルタリングすれば、未インストールのパッケージ一覧が表示されます。
futureキーワードで検索して、対象をチェックして、Applyします。
image9.png
インストールするパッケージがリストアップされ、Apply後、Installedになります。
image10.png

コマンドラインでも確認できます。
image11.png

PyCharmで開発

いよいよコーディングが可能になります。
先作成したlambdasampleプロジェクトで、Pythonファイルを作成してコーディングします。
image12.png
importも正常にできるようなので、Runを押すと、環境設定の注意喚起ポップアップが表示されます。
image13.png
Edit Configurationsをクリックし、「Run/Debug Configurations」設定画面が表示されます。
image14.png
+を押して、Python環境を追加し、Script pathを設定すれば、実行対象Pythonファイルを指定できます。
image15.png
ここでsample.pyを指定して、Runをクリックすると、プログラムが実行されます。
image16.png


『 Python 』Article List
Category List

Eye Catch Image
Read More

Androidに関する現役のエンジニアのノウハウ・トレンドのトピックなど技術的な情報を提供しています。コード・プログラムの丁寧な解説をはじめ、初心者にもわかりやすいように写真や動画を多く使用しています。

Eye Catch Image
Read More

Bitcoinに関する現役のエンジニアのノウハウ・トレンドのトピックなど技術的な情報を提供しています。コード・プログラムの丁寧な解説をはじめ、初心者にもわかりやすいように写真や動画を多く使用しています。

Eye Catch Image
Read More

Goに関する現役のエンジニアのノウハウ・トレンドのトピックなど技術的な情報を提供しています。コード・プログラムの丁寧な解説をはじめ、初心者にもわかりやすいように写真や動画を多く使用しています。

Eye Catch Image
Read More

JavaScriptに関する現役のエンジニアのノウハウ・トレンドのトピックなど技術的な情報を提供しています。コード・プログラムの丁寧な解説をはじめ、初心者にもわかりやすいように写真や動画を多く使用しています。

Eye Catch Image
Read More

Pythonに関する現役のエンジニアのノウハウ・トレンドのトピックなど技術的な情報を提供しています。コード・プログラムの丁寧な解説をはじめ、初心者にもわかりやすいように写真や動画を多く使用しています。

Eye Catch Image
Read More

Rubyに関する現役のエンジニアのノウハウ・トレンドのトピックなど技術的な情報を提供しています。コード・プログラムの丁寧な解説をはじめ、初心者にもわかりやすいように写真や動画を多く使用しています。

Eye Catch Image
Read More

Scalaに関する現役のエンジニアのノウハウ・トレンドのトピックなど技術的な情報を提供しています。コード・プログラムの丁寧な解説をはじめ、初心者にもわかりやすいように写真や動画を多く使用しています。

Eye Catch Image
Read More

Swiftに関する現役のエンジニアのノウハウ・トレンドのトピックなど技術的な情報を提供しています。コード・プログラムの丁寧な解説をはじめ、初心者にもわかりやすいように写真や動画を多く使用しています。

Eye Catch Image
Read More

Unityに関する現役のエンジニアのノウハウ・トレンドのトピックなど技術的な情報を提供しています。コード・プログラムの丁寧な解説をはじめ、初心者にもわかりやすいように写真や動画を多く使用しています。

Eye Catch Image
Read More

Wordpressに関する現役のエンジニアのノウハウ・トレンドのトピックなど技術的な情報を提供しています。コード・プログラムの丁寧な解説をはじめ、初心者にもわかりやすいように写真や動画を多く使用しています。

Eye Catch Image
Read More

機械学習に関する現役のエンジニアのノウハウ・トレンドのトピックなど技術的な情報を提供しています。コード・プログラムの丁寧な解説をはじめ、初心者にもわかりやすいように写真や動画を多く使用しています。